レッドアトレとは?

スタッフ

松戸 賢治

レッドアトレ代表


1980.5.30生まれ 山梨県出身。
株式会社電通テック、株式会社デジタルエッグにて CMオフラインエディターとして活躍。 2007年フリーランスになると同時にブライダル映像 ブランド『レッドアトレ』を設立。 以後、代表として複数の草鞋を履きながら現在に至る。

塚本 理剛

映像プランナー・デザイナー


1980.2.22生まれ 東京都出身。
株式会社電通テック、株式会社デジタルエッグにてCMオフラインエディターとして活躍。 2007年先に退職した松戸に誘われブライダルの道へ。以後、映像プランナー・デザイナー・セミナー講師、手広く事業を拡大。座右の銘は「やらずに後悔よりやって後悔」

関澤 暢子

フォトフラファー


1967.3.9生まれ 神奈川県出身。
教員として8年勤務。退職後、株式会社写真光陽にて ブライダル撮影に従事。その後フリーランスとして、 プロフィール・ウエディング・マタニティー撮影の分 野で活躍。女性ならではの視点で、女性の中に垣間見 る美しさを追求している。

代表挨拶

松戸賢治

TV-CMから動画マーケティングまで動画コンテンツを使って楽しく生きる

レッドアトレとして独立してTV-CM編集をする傍らブライダル映像制作を始めたのが2007年。当時が草創期で今は熟年期に入った気がしています。これだけ長く続けている同業者の方とも数多く繋がり、いつしか私自身「ブライダルの人」と認知されるようになりました。よく皆さんに「レッドアトレさんて楽しそうですよね」と言われます。独立当時からぶれないのは「楽しい・楽しくない」を判断基準に仕事をしているところ。『楽しい仕事はお金がなくてもやる』『楽しくない仕事はしない』ビジネス視点では間違っているかもしれません。起業家として生意気な判断かもしれません。しかし、ここは今後もぶれることのないレッドアトレの企業理念です。Youtubeの影響もあり昨今では映像がより身近に感じられるようになりました。映像単体がビジネスになった当時と比べて、現在では動画はあくまでツールとして捉えるようになりました。動画を使って何をするか、それに付随するサービスとは何か、気が付けば単なるCMエディターだった私が、映像制作全てを担い、集客・マーケティングとして映像コンサルをするまでに至りました。動画は楽しい。これは今も昔もこれからも変わりません。

ふざける時は真面目にふざけます

30歳前後になると男性は自己啓発にはまり、女性は海外に行きたがる。そして、27歳と32歳で仕事を辞めようと思います。偏見ですが、あながち間違っていないと思っています^^; 私が前職を辞めたのがまさに27歳の時でした。「起業して凄いね」とよく言われます。明日辞表を提出して、来月起業届けを出せば誰でも起業はできます。やるかやらないか、その決心があるかないかです。やらないで後悔するよりやって後悔した方が後々諦めがつきます。ベンジャミンフランクリンの言葉に「生きる為に食べよ、食べる為に生きるな」というものがあります。生き方は人それぞれですが、自由に楽しいことをしてストレスを溜めずに生きることを私は選びました。遊ぶ時も全力で遊びます。何かに取り組む時、心の抵抗や羞恥心を取り払ってその環境に馴染む方が得られる楽しさも倍増です。遊びを追求した結果それが商品開発に繋がりビジネスになったという例もあります。どこにどんな可能性が隠れているか分からない。世の中やってみないと答えは分からないことだらけです。まずはやってみること。壊滅的な失敗でない限り、やらない選択よりもやる選択が正解だと思っています。ってUNIQLOの柳井社長がおっしゃってました。“致命的にならない限り、失敗はしてもいいと思っていました。やってみないと分からない。行動してみる前に考えても無駄です。行動して考えて修正すればいい。”

松戸賢治